治療の概要

腰部脊柱管狭窄症となる要因とは、主に脊柱管を取り囲む骨や、靭帯の肥厚によるものが原因と言われています。椎間板による圧迫はヘルニアと呼ばれ、類似した症状をきたす事もありますが頸部脊柱管狭窄症とは全く異なる病気として取り扱われます。 治療には、薬の使用、リハビリ、神経ブロックや筋肉注射、手術によるものと様々ですが、これらは患者の症状と画像検査の結果によって決定されます。手術以外の治療では、一時的な症状緩和が主であり、時間経過と共に症状改善する事もあります。手術における治療は、症状が重い、あるいは日常生活や仕事環境などに支障をきたす方に実施されているのが現状です。

頸部脊柱管狭窄症の画像検査の第一選択肢はレントゲン画像です。特に横側から撮影したレントゲン画像で脊柱管の広さを観察する事が出来、広さの計測によって評価されます。また、頸部脊柱管狭窄症では、首を前後に曲げる時に症状が強くなったり、症状が改善する事があります。この前後に曲げるレントゲン画像を撮影する事でより情報の多い画像評価が可能となります。 場合によっては、骨棘と呼ばれる異常増殖や黄色靭帯の肥厚によって脊髄圧迫していることもあり、更なる精密検査が追加される事もあります。基本的に骨による異常評価にはX線CT検査、靭帯や脊髄自体の病気有無、椎間板ヘルニア鑑別など広範囲な検査目的としてMRI検査などが行われます。 画像検査と症状によって症状改善に向けた治療が行われ、先ほども述べたように時間経過と共に改善される事は多いです。しかし、実際には脊柱管の狭さは自然に完治するものではありません。症状が改善されていても、定期的な医療機関受診あるいは、上記のような画像検査による評価は必要です。また、生活環境における首への負担軽減も必要です。再検査と改善工夫には、狭窄の進行を防ぐメリットが生まれるものとなります。