ますます重要になる

心筋梗塞は急に起きることが多くそれが怖いイメージを与えているようです。 心筋梗塞の患者の推移を見てみると、平成22年の調査では医師から心筋梗塞と言われたことのある人の割合は男性が2.7%で女性が0.9%でありこれは平成12年と比べて大きな変化はなかったとされています。また日本では欧米諸国に比べると心筋梗塞のような虚血性心疾患の割合は少ないとされています。 今後の患者の推移は不明ですが心筋梗塞は死亡にもつながる疾患であるのでその予防措置を取っていくことは今後ますます重要になると思われます。

心筋梗塞にならないためにもその予防はとても大切になります。 病気にならないためには動脈硬化を予防することが大切になってきます。それには動脈硬化の危険因子を取り除いていくことが大切になってきます。 危険因子には喫煙や糖尿病や高脂血症や肥満や運動不足が挙げられます。また引き金となる因子には過度の疲労や睡眠不足や激務ストレスが挙げられます。 これらの因子を取り除くには禁煙は重要です。また食生活でも塩分や糖分や脂肪分の摂りすぎを控えてバランスの良い食事をすることです。また適度な運動を心がけてストレスを避けて規則正しい生活を送ることも大切になります。健康診断することで高血圧や糖尿病や高脂血症の早期発見は大切です。最後に強い胸の感じたら病院を受診するようにしましょう。