MENU

好きな機種が選べる

複合機

代金も経費に計上可能

法人ではリース契約で複合機を導入するスタイルも人気ですが、それはイニシャルコストを抑え、希望機種を設置できるメリットにも由来します。リース契約はレンタルと違い、業者側でラインナップしている複合機の中から選ぶのではなく、契約者側で好きな機種を指定できるのです。さりとて自社で購入する訳ではありませんので、設備投資の費用を格段に下げられる仕組みになっています。実際に機器を購入するのはリース会社となっており、機器の所有権がリース会社にあるのもこのサービスの特色です。そのため、リースで設置した複合機は契約者側の固定資産に該当しませんから、節税効果が得やすいといったメリットもあります。さらに毎月のリース代を経費として計上できることも、リース契約の大きな利点です。一方、月額費用はリース代と保守費用の合計金額になる場合が一般的ですので、契約先を見比べる時は、その総額をチェックしてください。リース代は複合機の代金に相当しますが、この機器は精密機器のため、利用期間中に問題なく使い続けるには継続的なメンテナンスが不可欠になります。トラブルが発生する度に有償修理をしたのでは経費がかさみますから、リース契約では保守契約も合わせて結ぶのが殆どです。そのことで発色の不具合や紙詰まりなどを抑え、仮に何らかのトラブルが起きましても、速やかに対応してもらえるようになります。安心して複合機を使うためには欠かせませんので、保守サービスが手厚い契約先を選ぶのも肝心です。

Copyright© 2018 オフィスにIPフォンを導入しよう【メリットを紹介】 All Rights Reserved.